ボトックスなら切開をする必要なし!いつでも気軽にプチ整形ができる

ボトックスのデメリット

注射器

ボトックス治療は体の負担が少なく、簡単にプチ整形ができるメリットがあります。しかし、ボトックスを大量に注入されてしまうと副作用が出ることがありますので、治療を受ける前にデメリットも知っておきましょう。

詳しく見る

筋肉質の足も改善

女性

顔のエラ張りやシワだけではなく、ボトックスには部分痩せ効果もあります。運動や食事制限をしてもなかなか落ちない足の筋肉もボトックス注射をすることで、ほっそりした綺麗な足を手に入れることができますよ。

詳しく見る

施術後のケアに気をつける

女性

ボトックスの治療を受けた後は、体に負担をかける行動を控えないといけません。ダウンタイムはほとんどありませんが、間違ったケアを行ってしまうと理想的な仕上がりにならないこともあります。施術後は安静に過ごすようにしましょう。

詳しく見る

失敗しない病院を選ぶ方法

看護婦

ボトックス治療に限らず、施術に失敗しない為には慎重に病院を選ぶ必要があります。ホームページがあれば医師の情報や使用されているボトックスの種類などが掲載されているので、自分に合った病院を見つけることができますよ。

詳しく見る

ボトックス治療の魅力

女性

ボトックス治療で手軽にプチ整形ができる

ボトックスとはボツリヌス毒素から抽出された成分を使用して、プチ整形をする方法です。毒素とついていますが、病院で使用されているボツリヌスは毒を抜いて使用しているので、体に害を与えません。なぜ、ボツリヌスを注入するだけで綺麗な顔になれるのでしょうか?実は顔や体にボトックスを注入することで、筋肉の働きを弱めてくれるからです。エラ張りや顔のシワなどは筋肉の過剰な動きが原因でできます。筋肉が活発に動いていると顔の筋肉が鍛えられてしまうので、エラが張って見えたり、表情ジワが目立ちやすくなったりするのです。筋肉の発達が原因であれば、筋肉を動きを抑えればいいのです。ボトックス治療をすることで、筋肉の動きを緩めることができるので、筋肉の発達を防ぎ、顔のエラやシワを改善してくれます。ボトックスの良い点は、切開をする必要がないところです。大掛かりな手術を必要とするエラ削りだとメスを使用して、切開をするので痛みや出血が伴います。手術後に顔が腫れますので、ダウンタイムも長いです。しわをとる整形もメスで切開をした後は、皮膚を引き伸ばして縫い合わせる作業を行うので、傷跡が残りやすく、体の負担も大きいのです。しかし、ボトックス治療であれば注射だけを使用するので、痛みはほとんどありません。注射の跡が残ることはありますが、メイクで隠すことができますし、1~2週間程で跡は目立たなくなります。肌を傷つくことはほとんどありませんので、周りに整形したことを悟られることなく、治療を続けることができます。治療後に入浴や洗顔をしても問題ありません。ボトックスを注入する箇所や数などによって、施術時間は異なりますが、早くて5分程度で治療は完了します。どんなに遅くても10~15分ぐらいで済むこともありますので、治療時間や待ち時間を短縮できます。施術時間が短いので、体への負担も少なく、施術した翌日にいつも通り出勤をしても大丈夫です。ただし、注意をしないといけないのが、ボトックスの効果は長くはないところです。エラ削りであれば1回手術をしただけで、ずっと小顔でいられますが、ボトックスの場合ですと、ずっと効果を保つには継続的に通院をする必要があります。持続効果は半年から1年間程と言われていますが、定期的に治療を受けることでボトックスの効果を高めてくれます。長期間治療を受け続けていれば、ボトックス効果の持続期間が長くなるので、治療をする回数を減らすことができますよ。