ボトックスなら切開をする必要なし!いつでも気軽にプチ整形ができる

ボトックスのデメリット

注射器

ボトックス治療をすると局所顔面神経麻痺になる

病院で使用されているボトックスの成分は、厚生労働省の認可を受けているので安全に治療を受けることができます。しかし、患者の体とボトックスの成分の相性が悪いと副作用が出ることもあります。ボトックスが安全な施術でも、実績の少ない医師に治療を任せれば失敗をすることもありますので、治療を受ける前にボトックスのデメリットも理解しておいた方が良いでしょう。ボトックスにはシワやエラ張り、多汗症や脚痩せ効果が期待できますが、医師の腕次第で仕上がりに大きな差異が出ることがあります。顔や体にボトックスを注入すると筋肉の動きを緩めてしまうので、ボトックスの量が多すぎてしまうと皮膚下の筋肉が麻痺します。筋肉が麻痺していると筋肉が硬直状態になるので、局所顔面神経麻痺という症状が出てしまいます。筋肉が硬くなれば表情筋が動かしにくくなり、喜怒哀楽を表現するのが難しくなります。表情筋を動かすことができなくなると、無表情な顔になってしまうので、周囲から整形を受けたと気づかれやすくなります。目尻や口元にボトックスの量を多く注入してしまうと目や口が開けづらくなることもありますので、日常生活に支障が出ます。ボトックス治療は手軽にプチ整形ができるメリットがありますが、注入する量や部位を間違えてしまうと思わぬ副作用が出てしまうこともあります。注射を使用するだけなので、一見簡単そうな治療法に見えますが、失敗をしないようにするには、注入をする場所や必要なボトックスの量の見極めとデザイン力がないと難しい施術なのです。なので、施術をお願いするなら実績の多い病院を選びましょう。ボトックス治療の実績が多い医師であれば、副作用が出る心配はありません。アレルギーを持っている方は、治療を受ける前に医師に相談をして下さい。ボトックスにはアレルギーを引き起こす心配はほとんどありませんが、患者によってはアレルギー反応が出ることもあります。ボトックスを注入した後に目眩や頭痛など具合が悪くなったという症状の報告もありますので、アレルギーを持っている方は特に注意をしないといけません。ただし、ボトックスを注入して死に至ったという症例はありませんので、安心して下さい。治療を受ける前に必ずカウンセリングは行われますので、その際に医師に自分の体質とボトックスの成分の相性を調べてもらった方が良いでしょう。もし、ボトックスを注入後に少しでも体の具合が悪くなったら、医師に相談して、治療を受けるのを中止して下さい。ボトックスは安全に使用できる成分ですが、使用方法を間違えると副作用が出ることもありますので、ボトックスの危険性も知った上で、慎重に病院を選んでいきましょう。